発酵食品は酵素の宝庫について

ベジライフ酵素液

発酵食品は酵素の宝庫です。

酵素を沢山含む食品としては野菜や果物や刺身などがあげられますが、
実は発酵食品にも酵素が沢山含まれています。

発酵食品は、微生物(酵母や酵素や菌)の力を借りて食材の澱粉やタンパク質や糖質が分解されて
食材に新たな成分を生み出された食品の事を言います。
日本の有名な発酵食品だと、日本人の食生活に欠かせない味噌や納豆やお漬物が発酵食品です。

納豆

 

発酵食品のメリットとしては以下のようなものがあげられます。

 

美容や健康によい

 

発酵食品には乳酸菌などの微生物が沢山含まれています。
これらの乳酸菌は胃酸や胆汁に負ける事なく、
生きたままの状態で腸に届き悪玉菌を減らして逆に善玉菌を増やしてくれる働きがあります。
これによって美容や健康によい効果をもたらしてくれる働きがあります。

 

消化によい

 

発酵食品は微生物の力である程度消化された状態になっています。
よって普通に食材を食べるよりも発酵食品で食べた方が、
当然消化酵素の量が少なくて済みます。
私たちの身体の中の潜在酵素の量を節約する事が可能です。

 

うまみが増す

 

食材を発酵させる事によって、食材に含まれる澱粉やタンパク質や糖質が分解されるので、
食材に旨みや香りが増してより一層おいしくなります。

 

栄養価が高まる

 

食材を発酵させる事で微生物の力によって、
本来の食材にはない新しい栄養を生み出す働きがあります。
つまりそのままで食べるよりも発酵食品にして食べた方がより沢山の栄養がとれます。

 

長期保存が可能

 

食材を発酵させると、微生物の力で腐敗を防いで長期保存が可能になったり、
河豚の粕漬のように、微生物の力で河豚の毒を無毒化にしてくれる働きもあります。